今月から仕事で早番の時は4時に終わることになった。今までは5時半から6時に終わって、外に出ると春から夏にかけて夕日の日差しがまぶしくなって、秋から冬にかけては空が群青色に濃くなって、ダイナミックに季節の変化を感じる時間帯だったんだけど、4時だとたぶん、いつでも夕方。帰りの電車に乗ってる客層も変わってちょうど高校生ラッシュ。高校生ってみんな荷物多い。

家についもまだ5時過ぎで、でも今までの勤務時間に働いてたのと同じように疲れてる。晩ご飯まで時間があるのでヨガみたいなストレッチみたいな、体のこわばりをほぐすのを30分くらいして、せっかくまだ仕事モードが残ってるし、って本読もうと何度かやったけど気づいたら寝てしまう。そして晩ご飯の時間になったら起きて、食べたらすぐにお風呂入って、あがったら自分の部屋の直行して日記書いてネットフリックスを寝落ち限界まで見ることに。

仕事中、イベントに使う折り紙の犬を折りながら思ったのだけど、私は時間の使い方がへたなんかな、せっぱつまって何かやらないといけないことがあったら「時間の使い方が~」とか考えてるひまはないよな、いやこういう考え方がマイナス思考だわ認知の歪みだわと、だんだん集中しなくなって犬の鼻を何度も失敗した。

 

日記をブログに書くことは私にとってとてもいい。以前から何度も書いてるけど、私みたいなマイナス思考になりがちな人間は寝る前に一日を振り返って、あったことや思ったことを文章にしてみて客観的になる。いいことがあれば思い出すことでいいことの記憶が強化されるし、いいことがなくても、悪いことがあってもそこまで考えなくてもいいって認識を変えることができる(できない場合もあるけど。)不思議なのは自分しか読めない日記だとマイナス思考の嵐は止まらない。何回かやってみたのだけどさらに悪化して二度と書きたくなくなる。誰も読まない、自分だけだからって勢いでばーって書いてしまうからかな。とにかく日記を書いた日は元気な日。書かなかった日は書けないほど疲れた日。

とはいっても他人から見たら感情的でうつうつしてる。最近知ったのはツンツンもしてるらしい。

ご心配おかけして申し訳ありませんでした。