いつもは自分語りの文章ですが、今日は書く内容が自分語りだと伝わりにくいと思ったので、人に話しかけるスタイルにします。

4月7日の日記に書いたものと内容が重なりますが、ある方のブログで書いていた内容が、他人に対して嫌な思いをさせたとして数日後に「言い訳しません」と誠実に謝った記事を書いているブログを読みました。

私自身、何日か前に書いた日記に対して不快感を表した人がいると思い、消しました。そしてどうしてその人が不快感を表したのかを考えて私の中で出した答えが4月5日の日記の内容です。ただ、言い訳ばかり書いていると思われてもいいと思って書いた最後の文章がよけいだったのと、自分の中ではきちんと整理して書いたつもりでも、時間がたつにつれて、はっきりとした理由はないですが違和感を感じ、4月5日の日記も消しました。そして上記の方のブログを読んだ時に、私が行ったことは無責任だと思い、ちゃんと改めて書こうと再び4月5日の記事をアップしました。4月7日の日記は4月5日の日記を更新したのに消したこと、それ以前にも何度も消していたことの理由、そしてこれからはもう、こういうことはしないように対策を考えて更新します、ということを書きました。不快な思いをさせた場合、内容をそのままにしておく、あるいは消す、どちらにしても改めて書くことで反省しているということをきちんと表さないといけない、ということを書きれてないと思ったので今日、また書きました。

私は今まで何度も不快な思いをさせています。最初は直接、文章で謝っていたのですが、あまりに何度もしすぎているので、そのたびに文章で謝ると、謝ったら許されるんだと考えている人間だと思われたくないので、そうではなく日々、ここでブログを書くことで伝わればと思っていました。

あと簡単に謝るんだったら最初からするな、という意味のことを言われました(実際はこんなきつい感じではないです。)ただ私にとって謝るということは許してほしいとお願いしているわけではなく、自分が無知であること、傷つけてしまったことに対して申し訳ないという私の表現です。謝ったのに許してくれない、とは思わないです。誤解を解きたくて理解してほしい気持ちはあります。でも何かを求めてはいないです。

本当は直接謝罪したいです。ただもしそういう機会があったとしても、話ができない状態になる可能性があります。これは私が病気だから許してほしいと書いているわけではないです。過去に何度か起こしており迷惑をかけたくないだけです。

 以前、感情的になるということは結局相手を馬鹿にしていることなんだ、と言われたことがありますがそれはちがいます。相手が誰でどうこうではなくて私がいたらないだけです。私がいたらないから何度も感情的になるのです。

私はこのような理由からブログをやめようと何度も思いました。しかし、ただ平謝りしてブログを消してしまっても私が可哀そうアピールしてるだけで、誰もいい気分がしないし納得できないんじゃないか。いい方法はないかと考えてました。ブログをやめるというのは卒業しますとかそういうことではなく、できるだけ穏やかに終わりたい。それがハッピーエンドになればいいですけど、誰もがいい形で終わろうとして、ああだこうだいろいろ考えても、いざやってみるとなかなかうまくいかない。ある人がモメて乱闘した結果、丸く収まったっていうのは奇跡で、そして当たり前だけどいつも奇跡を起こしてるわけじゃなくて。何十回何百回のいざこざの中の一握り。

終わる時の条件として私は以下のことしか思いつきません。

・関係するものすべて今後かかわらない。

・今まで書いたブログを非公開にする。

今まで書いたブログはすべて消去しようと思いましたが、私がいつ何をしていたか、どんな仕事をしていたかとか、12年間わりとちゃんと記録をしているので私だけが読めるように非公開で置いておくつもりです。

あと、これからもブログを書くかどうかはわかりません。もし続けるとしてもまったく違うところで書くかもしれませんが何も考えてません。

何か要望などはありますか。

起こっていることを信じることができず、わからなくなると感情的に怒りをぶつけ、そのたびに傷つけてしまい本当に申し訳ありませんでした。