家にいる間ずっとネットフリックス見てる。今までも私の仕事は残業なしで休日出勤は1度もなく全然忙しくなかったのに今月からさらに時間の余裕ができた。その分を仕事や体力つけるために使いたい。季節の寒暖が激しくて体調が悪くて何もできないのならしょうがないけど、少しでも何かできそうだったらそれをやることがよくなる方法のひとつだといい聞かせてやることリストを作ろうとしてる。でも「積読本を整理する」とか「仕事のスケジュールを表にする」とか「〇〇の本を読んで勉強する」とか考えただけで憂鬱になってくる。とりあえずネットフリックスから離れる時間を作ろう。

というわけで寝る前に「独り居の日記」(メイ・サートン/著)という日記を1日分ずつ寝る前に読むことにした。私は日記を書くのが好きだけど読むのも好き。で、もっとちゃんと日記をいろいろ読もうと思って買ってた本。

以前は好きなミュージシャンや作家のブログが日記になっていたのだけど、ツイッターを使う人が増えてから私の読む日記が減ったので、まだ続いてたり期間限定で日記が本になったりするととてもうれしい。それとは別に日記が有名な人をもっと読みたい。そういえば私、アンネフランク読んでない。買おう。