今日は休み。出かける用事のない日、特にこの寒さの続く日は外に出ないってだけで体がラク。通勤時はもちろんだけど実は職場もかなり寒いので仕事の日は体がこわばってる時間が長い。

 

とはいっても。今日は用事ないし体ラクな日だからいろいろやろうとしても。やる気がでないので寝転がってた。なんだかんだいつものゴロゴロしながら「けじめ」という言葉が頭に浮かんだ。

 

ブログではあんまり見たことがないけどTwitterではいろんなやりとりやいさかいの中で片方のアカウントが消えちゃうってのをたまに見る。ごめんなさいなのか、消えることで抗議するなのか。消えちゃうって死んじゃったように見える。で、例えば私とか普通だったらとっくに消えてもおかしくないし、自分が悪いと思ったら潔く消えるってのがあるけど、私は醜くても生きてたいのでそういうことはなるべくしたくない。でも「けじめ」のひとつにブログやめよう、アカウント消そうと思ったことは何度もある。

 

小泉さんの記事に「けじめ」って言葉があったからそれに反応したんだけど、今回は共感できないよ。でもそれとは別に「けじめ」とか「肝が据わってる」とか「覚悟してる」とかなんか違うような気がする。そういうキャラクターで実際にそうなのかもしれなけど、表現がそうなのかなと思う。それに小泉さんは「女の子」の部分がステキだから似合わないと私はずっと思ってる。「ウソつきたくない人」だからこうなっちゃうんだろうけど。