昨日は遅番。ほんとは休みだったけど、急に普段の職場以外の人たちと会わないといけなくなり出勤。いつも電話だけのやりとりの人たちとこんなふうに会う機会とか好きな方だけど今回はそういうのんきな感じじゃない。自分は今、嵐の中にいるんだ、って思うことにしてた。でもジッとしてるだけだと吹き飛ばされるのでちょこちょこ動くように心がけた。

 

何のことかというと、私の担当業務で他の施設の担当者同士で一度集まってみませんか、ってことでそれぞれ施設の規模は違うし、ある程度ルール決まってるし、この時期に何でだろう、ああそういえばこのあいだうちの職場やらかしたからなーってことだと思ってた。でも実際はそれ以外のことでもいろいろ話題があがって、知らないことがお互いに分かった部分もあってすっきりした。

風通しがよくなったし、じゃあ自分の職場であれやろこれやろってのがいろいろ出てきたし、職場への帰り道はすごく疲れてたけど、それだけその時間は集中してたんやなと実感した。

 

今日は早番。普通。

 

昨日読んだ記事でたぶん以前も読んだことがあると思うし、こういう内容はたまに読むけど、「みんなも同じような条件なんだから。あなただけじゃないんだから。」っていうのは呪いの言葉。昨日気づいた。今までそんなふうに思ったことなかった。

おこづかいの話とかじゃないよ。同じような苦痛を受けてもうまくかわす人もいれば、メンタルズタボロになってんのにそれに気づかず受け続けてる人もいれば、自分が受けたのと同じように他人にむける人もいる。結果はいろいろ。でもいい結果はない。呪いの言葉は我慢を強いるだけ。

あと「自分よりもっと~の人がいる」も。私がマイナス思考になる時によく浮かぶ言葉。「自分は~な人よりまだまだ恵まれてるんだから」ってやると実は本当の自分に何が起こってるのかを理解することができない。結局自分を見てない。

 

ほんと、気づかなかった。いまさらかもしれないけど。まだまだ出てきそう。

あと、どうやったら解けるんだろう。気づかないと解けないんだよね。